離婚による財産分与は婚姻期間中に築いたものだけ

お金持ちと結婚したんだから離婚したら財産分与でがっぽり?
なんて考える方も少なくありませんが、必ずしもそうではないことが多いです。
離婚による財産分与の対象となる財産は
「婚姻中、夫婦が協力して築き上げた共有の財産」
とされています。
具体的には以下のようになります。
■預貯金
婚姻してから夫婦の協力のもと、で貯めた預貯金です。
※貯蓄型生命保険も対象となる。

■不動産
婚姻後に夫婦で協力して取得した土地や建物、マンションなどの不動産です。
ただし、婚姻前から夫婦のどちらかが取得していた不動産や自分の親などからもらった財産は一方の財産となります。

ただ、婚姻中にどちらかの親から家やマンションを買ってもらった時に名義を夫婦共有にしていた場合は、双方が1/2ずつ所有しているとみなされ、特有財産となります。

■株券・社債や国際などの有価証券、ゴルフ会員権
婚姻後に取得した株券・社債や国際などの有価証券、ゴルフ会員権は、一般的に夫単独名義のことが多いですがこれらは離婚の際に清算されます。

婚姻前から所有してきた財産や婚姻期間中に相続や親から貰った財産はフフそれぞれの「特有財産」とみなされます。
この特有財産は離婚による財産分与の対象とはなりません。

また評価の低い財産(例:日用品など)も財産分与の対象とはなりあm線。
ただ、このあたりが少し曖昧です。
婚姻期間中に購入した家電製品などは、その評価額によって財産分与の対象となることもあります。

なお特殊な例として「資格」などの無形財産があります、
本来であれば特有財産委はなりませんが
夫婦一方の収入のおかげで取得した「医師」「弁護士」「歯科医師」「税理士」など子運収入が得られる資格の場合、財産分与の対象となることもあります。
清算割合は、一方の貢献度によって定められますが、このあたりはいたって曖昧なグレーゾーンでありその判定は簡単ではありあm線。

自分の下積み時代を支えてくれた妻と離婚する場合は気を付けてください。
住宅ローン 離婚できない

介護報酬次第で大きくあくぁる介護事業者の売上

利用者さんい同じ介護サービスを提供しているのに介護事業者の売り上げが大きく減る場合があります。
それはなぜでしょうか?
実は介護事業者の売上って介護保険が適用されるサービスや利用者のい要介護度に応じて設定される介護報酬に大きく影響されるからです。
基本的にはサービスの難易度が高く利用者の要介護度が高ければ高いほど、介護報酬も高く設定されています。

介護報酬の単位は1単位=10円が基本とされています。
地域別に基本単位(点数)が設定されていて、事業社のサービス体制や地域、利用者の人数や状況に応じて加算・減算されます。
介護事業者は、介護報酬に1割から2割を利用者から受け取り、残りは市町村から介護報酬を受け取ります。

■介護事業の経費はほとんどが人件費
介護事業所の経費の中でそのほとんどを占めるのが人件費です。
その人件費が占める割合はなんと7割にも及ぶとされています。

■介護事業の利益率
介護事業における利益率はそのt例供するサービスの種類によって大きく異なりあmす。
好悪政労働省の調査によると
通所介護が10.6%
介護老人福祉施設が8.7%
訪問介護が7.4%
介護老人保健施設が5.6%
程度とされています。
また訪問入浴介護や地域密着型サービスなどは利益率も低く、居宅介護支援ではマイナスとなっています。
通所サービスや施設サービスなど位の利益率が高いのは、施設に利用者を集めてサービスを提供することができるからかもしれません。
特に介護保険施設の併設施設では通所サービスbの鉄橋は一部の施設も供用できるためサービス提供に効率化ができるからです。

そこで多くのところが介護保険施設と併設型施設を作りました。
でも厚生労働省が制度改正で通所介護や介護福祉施設の介護報酬を引き下げてしまったのです。
これによって大幅に売り上げが下がってしまった介護じぎぃう者はたくさんあります。
コロコロと変わる介護報酬形態に振り回されるのが介護事業者の宿命でもあります。
まだまだ政府もわからないことが多いのが介護の世界ですから仕方ないことでもあります。
介護職 やってられない

100回好きと言われて、やっと1回好きと言われた気分になるのが女性の耳

「好き?」と「女性から聞かれて
「ん?好き」
とやっと答えるのが男性です。
でも、この程度では好きっといった子地にはならないことを男性は肝に銘じておくべきです。
実は100回好きと言われて初めて1回「好き」と言われた気分になるのが女性の耳なのです。
世の男性陣は「好き」という言葉が足りなすぎます。
いや、言ったつもりになっているだけなんですy。

「好き」という言葉を面倒くさいと思う男性はハッキリ言ってモテません。
モテる男ほど24時間365日朝から晩まで「好き」と言っているのです。
「好き」というくらいにお金はかかりません。
「好き」というのに時間は1秒程度しかかかりません。
「好き」というのに電話やメールなら時と場所を選びません。
そんな簡単なことなら女子絵のためにやってあげませんか・

そんあ「好き」だなんて何回も言ってられないよ・・・
そういう男性はその女性の好きな部分を発見できていないのです。
例えば
「髪型が好き」
「そのお化粧が好き」
「すっぴんが好き」
お風呂上がりの君が好き」
「笑っている顔が好き」
「寝顔が好き」
いろいろ好きなところはあるはずです。

何か話している時に好きをつけ足せばいいだけなのです。

しいていうのなら相手の欠点を好きと言ってあげることです。
欠点を見せるということはあなたにすべてをさらけ出している証拠です。
相手の欠点を多く見いだせる男性ほど、その人のことが好きだということなんです。
欠点があるから嫌いなになるのではありません。
欠点以上に好きなところがあるいから好きなのです。
良いところがあるから欠点が許せるのです。

でも、気をつけないといけないのがこれは男性目線で合って女性目線ではないのです。
女性は冷める時は一気に冷めてしまいます。
今までの許せていたことが突然許せなくなるのです。
これはよく成田離婚は良い例です。
一緒になって、結婚して初めて相手の嫌なところが目について一気に冷めてしまうのです。
そうならないためにも毎日24時間365日好きって男は言ってい負ければならないのです。
アソコ 臭い 消す