焼酎に高い焼酎と安価な焼酎がある理由

焼酎というと比較的安いお酒という負い目叔父がありませんか?
しかし夢否「百年お孤独」など高級ウィスキーにも引けを取らないお値段の焼酎もあります。

実は焼酎にも2種類あるのです。
それは
・甲類諸うちゅ
・乙類焼酎
です。

かつては
甲類焼酎を新式焼酎
乙類焼酎を旧式焼酎
ともよんでいたこともあります。
その通りで、甲類焼酎は大量生産のために開発されて製法で、乙類焼酎は昔ながらの製法でもあります。

甲類焼酎とは連続式蒸留で作ります。
そのため大量生産が可能になり、コストも抑えられていて比較的安価な焼酎はみんなこの製法です。
この甲類焼酎は蒸留を連続して行うため原材料の風味がまり残りません。
しかし、それが逆に癖がなく飲みやすい焼酎になるともいえます。
ただし焼酎商品ごとに大きな味の大きな差はあまりありません。

乙類翔風とは単式蒸留で作ります。
ですのでアルコール以外にも原材料の風味が強く残りやすいのです。
しかし、この端子浮き上流の場合は大量生産ができません。
そのため昔から有名な焼酎はこの端子騎乗りゅなので値段も高くなります。
しかし、この原材料の風味を色濃く残す子世で独特の個性ある味わいを醸し出してくれます。

芋焼酎なら、やわらかな甘みのある風味で、お湯割りにぴったりです。
有名なところで「黒霧島」「さつま白波」などがあります。

麦焼酎は麦の故おばしい香りがします。
お料理と一緒に飲む「食中酒」にもいいとされています。
有名な所は「いいちこ」「佐藤麦」があります。

米焼酎は日本の焼酎の元祖的存在で、焼酎の中でもクセのないクリアな味わいです。
有名な所では「白岳」「久米仙」などがあります。

これら以外にも「ソバ」もありますし。いろいろな原材料の焼酎は日本全国にあります。

乙類焼酎の原材料ごとに異なる味わいを楽しむのもいでしょう。
逆にそこまで焼酎の味にこだわらないのであれば甲類焼酎をさまざまなもので割って飲むのもいでしょう。
焼酎 シークワーサー 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です